TOP こんな症状 こんな悩み 面接の進め方 システム・料金・予約 アクセス 自己紹介・リンク
面接の進め方
セラピストは,クライエントの方の個人情報やプライバシーを,将来にわたって完全に守ります.
≪個人面接の流れ≫
クライエントの方の状態とご希望に応じてケースバイケースですが,標準的には、<初回面接>を含め、当初の2〜3回くらいを<診断面接>として行ないます.その間,セラピストはクライエントの方をよりよく理解することに努め,その結果をお伝えし,話し合った上でその後の<継続面接>をどう行なっていくかを決めます。
治療面接の流れ
面接の間隔は、代表的には週1回または月2回です。<診断面接>をしている間にどんどんよくなって,数回で終了という場合もあります.週に複数回を継続して行うこともあります。
ご希望によっては助言を中心とした1回だけの面接もあります。
主人公は来ていただくあなたですので,ご希望があれば遠慮なくお話し下さい。
≪いくつかのメニュー≫
面接には,いくつかの方式がありますが,共通するところも多くあります.個々のケースによって,面接を重ねていくうちに,その方に合ったスタイルが定まってくるものです.
耳を傾けます 深く理解したことを伝えます

≪親子面接 夫婦面接 家族合同面接≫
個人を対象とするほかに,親子面接,夫婦面接(夫婦療法),家族合同面接も行なっています
当所では、対話を重視し、クライエントの方がどういう言葉をお使いになるかに着目し、大事にします。その方がよく理解し納得できる言葉をセラピストも使うことを心がけています。自由に話すことで心が解放され、それまで気づかなかったご自分自身の心の動きに気づくようになります。そこに問題を解決するヒントが潜んでいます。
そうした「心のメッセージ」が鮮明に現れる代表的なものは夢です。対話の合間に、夢を語っていただいたり、また様々なやり方で絵を描いたり、箱庭制作を行ったりしていただくこともあります。
「心のメッセージ」を聞き取り、問題の根を見据え、解決をはかりましょう。

作品:小平允子1999

治療面接の技法には考え方のいくつかの源流があります。
  1. 傾聴に徹する来談者中心療法
  2. 自由連想と解釈を 基本とする精神分析的心理療法
  3. 箱庭制作、描画などの造形、視覚表現を中心とする芸術療法
  4. 所長が言語障害臨床でつちかった言語療法での経験と研究成果。
上記の考え方を組み合わせ、総合して、一人のクライエントにとっては、一貫した立場、考え、技法を展開していくことになります。 年齢、個性、問題の性質、時期によって、具体的な方法は異なります。
1つの立場、1つの技法に固執しませんが,そのほうがよい場合は1つの技法を徹底することがあります。 これを一言で言い表すのは困難ですが、いずれにせよ対話を基盤とした心理療法、対話的心理療法だといえます。
Copyright©2008. Tezuka's Institute of Clinical Psychology & Speech Pathology. All Rights Reserved.